少年院を取り巻く二重の孤立―まず、支援者のソーシャルキャピタルになること

 

育て上げネット―工藤啓(前編)

若者支援の先駆者としてニート問題に向き合ってきた認定NPO法人育て上げネット。その育て上げネットがこの数年、少年院の支援を目論んでいる。聞けば、少年院を出所する少年・少女たちだけではなく、少年院そのものが孤立無援の状況に置かれているという。育て上げネットはそこに何の可能性を見出そうとしているのだろうか

孤立する少年院

実は、少年の支援の世界でずっと何年も生きてこられた方の話を聞くと、共通することがあります。それは、「自分が仕事で何をやっているかということを外には言わない」ということなんです。

例えば、少年院で仕事していますと言ったときに、当事者とは関係のないけれど、別の少年からの被害経験のあった人から責められたり、悪気はないかもしれないけれど、「加害者はもっと厳罰化すればいいんだ」という地域の声に晒されたり、といったことが起きているんです。支援の対象が加害者の側だからですかね。

この分野の支援者の方々は孤立無援を感じながらご苦労されています。支援者側も当事者側も、社会的なつながりが薄いですよ。孤立無援の状態で、少年院の退院者の社会復帰だ、再犯防止だと言ったって、それは厳しいわけです。

女子少年院の方曰く、「私は30年間、この仕事をしてきたけど、会議のテーブルにNPOとか民間の人がいる時代が来るなんて、思ったこともなかった」と言われました。

ある男性職員の方からは、「保護司さん以外で、自分たちをこんなに応援してくれる人がいるなんて、ほんとに知らなかった」と、涙ながら握手を求められたことがあります。

工藤啓

特定非営利活動法人育て上げネット理事長、金沢工業大学客員教授、東洋大学非常勤講師
1977年、東京都生まれ。成城大学中退後、渡米。Bellevue Community Colleage卒業。「すべての若者が社会的所属を獲得し、働くと働き続けるを実現できる社会」を目指し、2004年NPO法人育て上げネット設立、現在に至る。内閣府、厚労省、文科省など委員歴任。著書に『NPOで働く』(東洋経済新報社)、『大卒だって無職になる』(エンターブレイン)など。

少年院総数

全国51庁(平成30年10月1日現在)
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse16-04.html

この記事は購読会員限定の先行閲覧期間中です。
さらなる変化をつなぐことを目的に、記事公開から45日後にはすべての記事を一般公開させて頂いています。

購読会員になると、
続きをお読みいただけます。

新規登録

すでに会員の方は、
以下にパスワードをご入力ください。

阿部真紀

阿部真紀

神奈川県横浜市生まれ。困難な立場にある人の人権に焦点を当てた人文社会系出版社にて書籍編集者を経て、その後、人と組織の変容支援の現場に携わる。個別支援、コンサルティングと並び、取材・ライティングを通じ、共に生きる生命の可能性を探求し続けている。

関連記事

  1. 8週間に1週間は冷徹に休ませる―まずは支援する側のケアから

  2. 「遊び」が変わっていく力をつくるかもしれない―趣味、屁理屈、人生の意味

  3. 逃げてきた先でまた否定することだけはしない

  4. 「何かしてあげないと」が、結果的に力を奪っているかもしれない

Hot Articles

Special Thanks

Suguru Ikuta, Tsukasa Sawaguchi, Saori Hasimoto, Nanae Hirohata, Jiro Atsuta, Junichiro Yuki, Keiko Kiyama

PAGE TOP