果樹のデータは都市を変えるか―食べられる都市をつくるには?

 

mundraub代表 カイ・ギルドホルン(後編)

まちの果樹を通して都市住民と自然との関係を再構築しようとしてきたカイ。カイは人々のニーズが把握できたことにより活動が変わってきていると言います。これまでの個人を対象としたサービスから、企業や行政との連携へと、対象が変わりつつあるmundraubの活動は、都市に何をもたらすのでしょうか。

mundraubウェブサイトより画面キャプチャ

まちで実際に収穫できる果物や野菜を使ったレシピを掲載したmundraub作製の本「でかけよう!君のまちは食べられる」

都市の未来を変えつつある6万人が作り上げたデータ

mundraubは今年で10年目を迎えます。カイは今、都市に暮らす人々の生活のあり方を変えていこうとしています。この試みは、mundraubのこれまでの活動の中で「都市の人々に自然を通した経験が欠けている」ということに、カイ自身が確信を持ったことによります。

果樹を調べられる地図はもちろん、ユーザーがダウンロードして活用できる、植樹や間引き方法のガイドライン、イベント開催用のハンドブックまで、mundraubではこれまでユーザーの個人的な活動を手助けするためのサービスが提供されてきました。

このような取り組みを経て、6万人のユーザーが9年間をかけて作り上げたmundrauubの地図には、自然と人間との関係性がデータとして集まっています。そこには、個人の自然への経験を変えるだけではなく、都市全体の経験を変えていく力があるとカイは語ります。

例えば、mundraubのユーザーと登録された果樹の位置情報からは、mundraubのユーザーの多くが大都市の住民であること、そして都市を中心により多くの果樹が登録される傾向があることがはっきりしました。彼らがmundraubの地図を利用して郊外の森に出かけるのは、家に自然を経験できる自分の庭がないからだとカイは分析しています。一方で、地方に暮らす人々はmundraubに全く関心がないそうです。それは、彼らにはわざわざmundraubで木の場所を調べてフルーツ採取に出かける必要がないからです。

これは単純な例すぎませんが、mundraubの持つ莫大なデータは、自然に興味のあるユーザー像だけではなく、自然と人間とのコラボレーションが活発な地域、そのコラボレーションがなぜ活発なのか、人々の本来の関心やニーズはどこにあるのか、企業が求める地域住民との関わり方はどのようなものなのか、様々な側面を明らかにするとカイは言います。

mundraub果樹マップより画面キャプチャ

mundraubの手がける地図。登録されている木はたしかに都市に集中する。

この記事は購読会員限定の先行閲覧期間中です。
さらなる変化をつなぐことを目的に、記事公開から45日後にはすべての記事を一般公開させて頂いています。

購読会員になると、
続きをお読みいただけます。

新規登録

すでに会員の方は、
以下にパスワードをご入力ください。

Kyoko Fukuda

Kyoko Fukuda

東京都杉並区出身。2018年より翻訳家・ライターとして活動を始める。まちづくりから動物愛護までボランティア活動に携わり、よりよい社会とは何かを考えてきた。2017年ベルリンに移住。これまで大分県、インドネシア・バンドン、英国・ロンドン、ドイツ・ベルリンで暮らしてきた。

関連記事

  1. フルーツ泥棒になりませんか?―地図アプリが変える都市の暮らし

  2. 最貧層からのベーシックインカム

Special Thanks

Suguru Ikuta, Tsukasa Sawaguchi, Saori Hasimoto, Nanae Hirohata, Jiro Atsuta, Junichiro Yuki, Keiko Kiyama

PAGE TOP