フルーツ泥棒になりませんか?―地図アプリが変える都市の暮らし

 

mundraub代表 カイ・ギルドホルン(前編)

mundraubは環境活動にITをいち早く取り入れたドイツの環境NPOです。まちの果樹をオンラインの地図上で「発見」できるサービスは、都市住民を中心に瞬く間に広まり、登録された果樹は5万本を超えます。代表のカイは、mundraubのサービスを通して都市住民と自然との関係をどのように再構築しようとしているのでしょうか。

イノベーションのアイディアは大好きな自然の中で生まれた

mundraubの元となるアイディアが芽生えたのは2009年のことでした。僕はそれまで環境コンサルタントとして働いていたのですが、前年からの経済危機の煽りを受けて失業中でした。

そんな時に、たまたまアウトドアが好きな友達とカヌーに行こうという話しになったんです。川辺に向かう道中、僕たちはスーパーに寄ってたくさんのフルーツを買い込みました。しかし川に到着してみると、食べられるりんごやプルーンの木がたくさんあり、フルーツがそこかしこに転がっていたんです。

見つけたフルーツは、本当にたくさんあって、しかも誰も取らないからすでに腐っていっている。無料で食べられるフルーツや木の実が道端に転がっているのに、なぜ僕たちはわざわざ地球の反対側から輸入したフルーツをスーパーで買っているのかと強く疑問に思ったのです。

そこでカヌーに行った友達と一緒に考えたのがmundraubの元となる果樹マップの作製です。カヌーに行ったのは2009年末で、実際にインターネット上にマップをリリースしたのは2010年でした。

カイ・ギルドホルン

mundraub創業者。環境コンサルタントとしての顔も持つ起業家。利用されていないまちの果樹を活用し、郊外の発展につなげる解決策を提示したとして、2016年アショカフェローに認定。

mundraub

まちの果樹のオンラインマップを提供するプラットフォーム。ドイツではまちの果樹の10%にあたる5万本を超える果樹がアプリ上に登録され、利用者はマップ上で果樹を探して収穫に行くことができる。近年では企業のCSRを担う事業も行っている。ドイツ語でmundは“口”、raubは“泥棒”を意味する。

この記事は購読会員限定の先行閲覧期間中です。
さらなる変化をつなぐことを目的に、記事公開から45日後にはすべての記事を一般公開させて頂いています。

購読会員になると、
続きをお読みいただけます。

新規登録

すでに会員の方は、
以下にパスワードをご入力ください。

Kyoko Fukuda

Kyoko Fukuda

東京都杉並区出身。2018年より翻訳家・ライターとして活動を始める。まちづくりから動物愛護までボランティア活動に携わり、よりよい社会とは何かを考えてきた。2017年ベルリンに移住。これまで大分県、インドネシア・バンドン、英国・ロンドン、ドイツ・ベルリンで暮らしてきた。

関連記事

  1. 果樹のデータは都市を変えるか―食べられる都市をつくるには?

  2. 最貧層からのベーシックインカム

Special Thanks

Suguru Ikuta, Tsukasa Sawaguchi, Saori Hasimoto, Nanae Hirohata, Jiro Atsuta, Junichiro Yuki, Keiko Kiyama